外国為替貴金属インデックス原油拡大

原油


原油は、世界で最も重要な天然資源の1つであり、最も頻繁に取引される商品の1つです。 現品原油取引は、EGMLプラットフォーム、つまり特定の品質の原油を取引対象とする現品契約で行うことができます。これは、商品自体を含まず、マージンのみをリスク保護として使用するCFD取引です。T+ 0取引システムが実行されています。かいあげるとかかいおとすとか、両方も可能で、浮き沈みの制限がなく、リスクが少なく、決済方法が柔軟で、キャッシュアウトに適しています。 投資家にとって、投資性は他の種類の取引よりも強力であり、収益も高くなります。 現在、EGMLプラットフォームは、市場で広く取引されている米国原油(West Texas Intermediate Oil)とブレント原油を顧客に提供しており、投資家は1つのアカウントで簡単に取引できます。


ブレント原油(BRENT-IPE)


主に北大西洋北部の北海ブレント地域で生産されており、先物、場外交換、フォワードおよびスポットスポット市場で広く取引されています。ブレント原油は、今日の世界的な原油価格設定システムの中核であり、「リスク回避と取引のための非常に柔軟なツール」と見なされています。国際原油取引の約70%は、ブレント市場システムで形成された価格を価格基準として直接的または間接的に使用しています。


ウェストテキサス原油(WTI-NYMEX)


主に米国で生産されており、北米では比較的一般的なタイプの原油です。 米国で生産された、または米国に販売されたすべての原油は、軽量で低硫黄のWTIに基づいて価格設定されています。 原油先物契約は流動性が高く、価格の透明性が高く、世界の原油市場における3つのベンチマーク価格の1つです。